会社説明会 日程はこちら

RINKOH Recruit|若手社員ホンネ座談会

将来をイメージして「明日」へ羽ばたく。

林工組ってどんな会社?そんな就職活動中の学生の疑問に応えるべく、学生に一番近い若手社員を集めて、ホンネで語る座談会を実施。経験豊富で人望の厚い先輩社員の司会で、職場の雰囲気、上司との関係、プライベート、業務の改善案や未来のまちづくりまで、思う存分語っていただきました。

インタビュアー:工藤 晃輔(建築工事部 2009年入社)

アットホームな安心感で仕事が学べる

アットホームな安心感で仕事が学べる

それでは早速ですが、入社して感じた会社の雰囲気について、率直な意見を聞かせてください。

林工組は一言でいうと「アットホーム」な会社だと思います。はじめの頃は分からないことが多くて戸惑いましたが、先輩たちは聞けばいろいろと教えてくれる社風があります。話してる内に仲良くなって、プライベートでも先輩と遊びに行ったり、飲みに行ったりしている人が多いですよね。

そう、僕はゴルフに連れて行ってもらいました(笑)。プライベートと仕事のメリハリが、林工組のよさだと思います。

上司についてはどう思いますか。

部長や課長は新人に対し、常に気を配ってくれていると思います。ふとしたときに話しかけてくれたり、悩みを聞いてくれたりするので、見守られてるんだなという安心感があります。

事務職の総務経理部はどうですか。

私は中途採用ですが、前の会社に比べてすごく“まじめ”だと感じました。皆さん集中して仕事に取り組んでいるので、仕事がはかどる環境です。

実際に現場に入ってみて、感じたことは何かありますか。

一緒に仕事をする先輩によって仕事の進め方も少しずつ違うので、いろんな方法を学べていいと思います。

営業部はどうですか。

営業も同じで、上司に同行するときは、上司の仕事を間近で見てノウハウを学べるので、新人にとってはありがたい環境です。

就職活動中の学生は、プライベートが充実しているか気になると思いますが、同期同士の交流はあったりしますか。

僕たちは月に一回“同期飲み会”をやっています。幹事はローテーションで、行く場所を決めています。

やっぱり皆が同年代なので、話は弾みますね。そこでしか言えないこともありますし(笑)。仲も深まるので、いいリフレッシュになっています。

新人研修と現場を経験して成長する

新人研修と現場を経験して成長する

新人研修と現場を経験して成長する

新人研修では、何を学びましたか。

入社前研修が2日間あり、就業規則や実際の現場の見学などをやりました。入社後研修では5日間、社会人としてどうあるべきか、建設業の基礎知識、ビジネスマナーなどを学びました。

研修には堅苦しいイメージを持っていましたが、わりとフランクな雰囲気だったのがよかったです。

特に印象に残ったことはありますか。

「危険予知」ですね。現場には危険がたくさん潜んでいて、いかにケガや死亡事故を無くすかという勉強でした。

座学研修も大事でしたが、実務については実際に現場に出て見て覚える方が吸収しやすいのかなと、僕は思います。

入社後に資格取得のために自主的に取り組んでいることはありますか。

普段の空き時間を見つけては、自主的に問題集を解いたりしています。

正直今は、日々の業務を覚えることが先決で余裕がありません。

新人の頃は特に忙しく感じますからね。でも後で振り返ると、入社して最初の1、2年目の方が、時間があったなと思うようになりますよ。

林工組だからこそ覚えられる、身に着けられることはあると思いますか。

他の経理と比べて、建設業経理はかなり違います。数字も大きいですし、建設業ならではの知識が身に着きます。

知識といえば、林工組はいい意味で業務の幅が広いと思います。細分化されている企業だと、建築部でも鉄筋専門だとかRC専門だとか、新人のうちに覚えられることに限界がある。大変ではあるけど、建設業に携わる人間としてオールラウンドに成長していけるのは、林工組ならではだと思います。

  

これからの建設業界、そして浜松の未来を考える

これからの建設業界、そして浜松の未来を考える

新人研修と現場を経験して成長する

今の若手から見て、建設業界がこれからどうなっていくと考えていますか。

これからは建物を建てる場所も人口も減ってきて、補修工事が多くなってくると思います。

そうですね。新しい橋を架けることは少なくなると思いますけど、古い橋の修繕工事などは増えてくると思います。

需要はまだまだあるので、有効求人倍率も、これからもっと上がってくるんじゃないでしょうか。

では最後に、これから地元をどういう街にしたいか、夢はありますか。

イベントスペースがほとんどアクトタワー内にあるので、もう少し街中に人が集まれる場所を作りたいです。

地下鉄もいいと思います。今の浜松はどこに行くにも車が必要で、交通事故も多いですし。

駅周辺にもう一つランドマークを建てたいですね。今、浜北とかの郊外が発展してきた反面、市の中心街が寂しくなってきています。せっかくこの業界にいるのだから、浜松全体を盛り上げたいです。林工組、建設業には、その力があると思っていますから。

若手社員から新卒者へのメッセージ

若手社員から新卒者へのメッセージ

他のインタビューを読む

メニュー