想像をカタチに|建設計画のご提案

産業用太陽光発電事業

LAND R(ランドアール)|入居者に選ばれる賃貸マンション

REX(レックス)|耐久性・大空間・意匠性|低価格建築

ダンビー工法|開削しない迅速かつ環境にやさしい工法

耐震工事業|万が一に備えて耐震診断・耐震工事

大切な命の資産を守る【防災事業】

林工組 採用情報

お知らせ

2017年08月28日 更新

全建主催「将来展望策定専門委員会」に伊藤社長が選出されました

  • 全建主催「将来展望策定専門委員会」に伊藤社長が選出されました

     
     全国建設業協会(全建)は、建設業協会の会員企業や全国・県協会の役割り、これからの取り組みなどを示す、建設産業界の有識者による「将来展望策定専門委員会」を設置し、去る8月24日、東京で初会合が行われました。

    この委員会メンバーは、主に全建各地区の代表から構成され、中部ブロックからは 林工組 伊藤社長(中部建設青年会議会長)が選出されました。


     生産年齢人口の減少、I o T(モノのインターネット、I A(人口知能)を導入した第4次産業革命の進展により、建設業を取り巻く環境は変化しています。
    この委員会では、地域建設業の現状・課題、期待される役割、将来像・必要性など、さまざまな視点から議論し、今後の建設投資、担い手の確保・育成、現場の生産性向上の取り組みなどを整理した上で、10年以上先を見据えた将来展望を会員企業や傘下の協会に明示し、全建の活動の指針や道しるべを提示していきます。

    18年2月までに取りまとめ、同4月の理事会を経て、同5月の全建総会で報告される予定です。今後の会合の成果に注目していきたいと思います。

     この委員会の記事が平成29年8月25日、日刊建設工業新聞に掲載されました。