社会・環境活動

安全への取り組み

安全の誓い

林工組グループ 安全大会の様子

グループ安全大会

毎年一回開催し、社員、協力会社の方々の安全意識向上に努めています。また、安全成績優秀者の表彰等も行っています。

安全に関する社内組織

安全衛生委員会を設置し、安全衛生委員長及び各委員により、毎月開催しています。

安全衛生パトロール

当社と協力会社が一体となり、作業所の安全衛生管理活動の向上を図るため、各部の安全担当者、工事関係者並びに協力会社が合同で安全衛生パトロールを毎月実施しています。

BCP(災害安否確認システム)の導入

BCP(災害安否確認システム)の導入

「BCP」とは、Business Continuity Plan の略で「事業継続計画」を意味します。この事業継続計画は、従業員の生命と会社の財産を確保した上で、災害後に中核となる事業を継続または早期復旧することで、企業価値を高めるためのものです。

当社では、災害時に災害支援及び事業再開に向けての取組みをいち早くスタートさせるために、全従業員が携帯しているモバイルを使用し、Web機能により、働く従業員の安否を真っ先に確認する、【災害安否確認システム】を導入しております。このシステムの導入にあたってはBCP部会を設置し、災害時での連絡網や災害対策本部立ち上げまでのプロセスを整備しました。

災害時での社内初動体制をいち早く整え、お客様・地域社会のために、建設業としての社会的使命を果たすことを最重要事項と考えています。